第4話 私…初めてで無理やりされちゃってるのに感じて

 

エリナです。

 

早速、4話のネタバレします。

第4話 私…初めてで無理やりされちゃってるのに感じて

 

這いつくばって逃げる梨佳

 

何度も何度もイカされて、足腰に力がはいらない。

 

必死に逃げようとする梨佳ではあるが無駄な努力である。

 

しかし、亡霊教師が近づいてくる。

 

そのまま・・・

亡霊教師とのバック

 

そして、亡霊教師は自分のち〇こを梨佳のお尻に擦りつけてくる。

 

気持ちが悪い感触。

 

お尻を鷲掴みにしてち〇こをあてがう

 

濡れているオ〇ンコに擦り付けてくるち〇こが気持ちが良い

 

ついさっきまで梨佳の口の中に入っていたち〇こ

 

梨佳の唾液と精子まみれのち〇こがお尻に擦り付けてくる。

 

ヌルヌルしたち〇この感触が気持ち悪い

 

すると、亡霊教師のち〇こに先がオ〇ンコにあたってる感じがした。

 

まさか、抵抗する梨佳だが、お尻を両手で固定されているし、意識が朦朧としているのでうまく逃げる事ができない。

 

その瞬間、オ〇ンコに何かが挿ってくる感触が・・・

 

処女である梨佳、好きな人に捧げる処女を

 

化け物に・・・

 

亡霊教師が中出し

 

処女であるが、あまり痛みが感じない。

 

奥まで突かれているが、痛みがないし不快感ではない。

 

口淫された時と同じように突かれている。

 

校舎内に激しい音が

 

「パン、パン、パン」

 

突いてくる音が響く。

 

初めてなのに犯され嫌なはずが・・・

 

すると、亡霊教師のち〇こが少し膨らんでいる感じである。

 

その瞬間、膣内に熱い精液が梨佳の中に入り込んでいる。

 

逃げる事もできない状態でただ受け入れるしかない。

 

亡霊教師のち〇こを抜くと

 

梨佳のオ〇ンコから熱い精液が流れ出てくる。

 

これで満足してくれるとおもったが

 

化け物に担ぎ込まれた。

 

バタバタして抵抗するが、

 

化け物は梨佳のオ〇ンコに指を入れてくる。

 

梨佳のオ〇ンコの弱点を的確に突いてくる亡霊教師

 

そこから大量の愛液が垂れてくるのがわかる

 

もう抵抗することができない。

 

亡霊教師の行き先は・・・

 

イッタ後は本当に身体が敏感になるよね。

 

わかる。

 

それなのに容赦なく何度もイカされるなんて、

 

私なら絶対失神するかもね💛

 

 

亡霊教師×巨乳生徒 夜の学校で追いつかれたら最後…はとても面白くてエッチな漫画なのでぜひ読んでみてくださいね。

 

BookLiveコミック

「亡霊教師×巨乳生徒」コピペして検索してください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です