第2話 こっちに近づいてくる?お願い…気づかないで…っ

 

エリナです。

 

早速、2話のネタバレします。

第2話 こっちに近づいてくる?お願い…気づかないで…っ

やばい、とっさに隠れないと

 

とりあえずロッカーの中に

 

一生懸命声を殺して、何とか気づかれないようにする梨佳

 

気づかれないように息を殺している梨佳だが、

 

またしてもこんな状況に疼いてします。

 

なぜ、

 

イヤ、でも何だか興奮している。

 

こんなの初めてである。

 

そして、性欲負けてしまう梨佳

 

ロッカーの中でオナニー

 

梨佳はまたしてもパンティーに指を

 

密室の空間に興奮している梨佳

 

ちょっと触っただけで敏感になっている。

 

声がでちゃう

 

クリトリスを触るだけなら大丈夫だと思ったが、

 

触れば触るほど気持ち良くなってくる。

 

そして、パンティーの上からもわかるほどクリトリスが勃起している。

 

こんなクリトリスが大きくなったのは初めてである。

 

はぁ~、はぁ~、はぁ~、

 

またしても喘ぎ声が漏れる。

 

止まらない指

 

コリコリしているクリトリス

 

また、近づくいてくる足音

 

それでもなぜか興奮してくるなんて

 

止まらないオナニー

 

ばれていない。

 

ホッとする梨佳だが

 

パンティーがびしょ濡れ状態である。

 

オ〇ンコの匂いがロッカー中に漂っている。

 

ちょっと酸味混じりで尿臭い香りである。

 

でも、今度は膣内が疼いている。

 

パンティーのクロッチ部分をずらして直接オ〇ンコに

 

ちょっとだけなら、大丈夫

 

なんの根拠があるのかわからいが

 

膣内に指が・・・

 

絡みつく愛液で簡単に指が入っていく。

 

「クチュクチュ」といやらしい音がロッカー内で響く

 

もう片方の手でオッパイを揉んでもっと感じてみたいと。

 

快楽に終わりはない。

 

乳首を摘まんで、固くなっているのがわかる

 

「はぁ~、はぁ~、はぁ~、」

 

喘ぎ声が大きくなる

 

最高の気分になる梨佳

 

亡霊教師など気にしないくらいオナニーに没頭する

 

そして、またイッテしまった。

 

その時、ロッカードアが開いた

 

その先にはあの亡霊教師が

 

そして、梨佳に向かって亡霊教師の手が・・・

 

オナニーしている梨佳ちゃんが可愛い

 

何だか手伝いをしたいな。

 

一緒にイキたい。

 

私もちょっと濡らしました。

 

亡霊教師×巨乳生徒 夜の学校で追いつかれたら最後…はとても面白くてエッチな漫画なのでぜひ読んでみてくださいね。

 

BookLiveコミック

「亡霊教師×巨乳生徒」コピペして検索してください